top of page

【どうやって虫歯はできるの?】

今日は虫歯の話です☺

虫歯は歯周病と同様、歯を失う主な原因のひとつです。


まず、虫歯の原因菌が食物中の「糖」を分解して「酸」をつくります。その「酸」が歯の表面を溶かす→歯に穴があいていく😿という仕組みです。


しかし、口の中では唾液などの成分で“溶けた歯を元に戻そうとする”作用があります。

この作用によって歯が守られています!唾液って実はすごいのです✨

ただ、この“溶けた歯を元に戻そうとする”スピードよりも“酸による歯が溶ける”スピードが速くなると歯に穴があいて虫歯になります💦


完全な虫歯になると“溶けた歯を元に戻そうとする”作用での回復は望めないので歯科医院での治療が必要になります。


食事や間食の時間を決めず、だらだらとお菓子やジュースを摂取していると、口の中が常に「酸」がある状態になってしまいます。こうなると唾液による“溶けた歯を元に戻そうとする”作用が働く時間が取れないため虫歯になるリスクが非常に高くなります。


ですから、やはり食べたら歯磨きをして口の中の糖をなるべく減らしておくことが大切です。



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page